診療時間
※午前中はご予約の内視鏡検査のみ行っております。一般外来は午後のみとさせて頂きます。
※受付は診療時間終了の15分前まで(初診の方、採血検査のある方は30分前まで)
 
9:00
|
13:00
 

12:30
 

12:00
14:00
|
17:00
◎予約内視鏡検査  ○外来診察
△第3土曜日のみ予約内視鏡検査
・各種保険対応
・休診日:土曜、日曜・祝日、木曜午後
内視鏡検査とは?
内視鏡Q&A
院内バリアフリー
モバイル
東京いきいきネット
患者の気持ち
内視鏡検査とは?
内視鏡検査とは?
内視鏡検査とは、先端にレンズのついた約1メートルの管(スコープ)を使って、体内の観察を行うものです。ポリープなどが見つかった場合、その場で細胞を取って、さらに詳しい病理検査を行えます。

また、ポリープや初期のがんでは、内視鏡を使って治療も可能です。当クリニックでは、胃と大腸の内視鏡検査と治療を行っています。両方の検査を受けると、食道から肛門まで消化器全体の病気のチェックができます。


胃内視鏡検査(上部内視鏡検査)
ゼリー状の麻酔薬を飲んだ後、マウスピースをし、口からスコープを入れて食道から胃、十二指腸までを観察します。必要があれば同時にピロリ菌の検査も行います。
実際の検査にかかる時間は、5分から10分位です。
大腸内視鏡検査(下部内視鏡検査)
専用の水溶性の下剤で大腸をきれいにした後に、肛門からスコープを入れて大腸の観察を行います。 大腸内視鏡検査では、身長程の大腸を1メートル強のスコープでくまなく観察するために、スコープを折り畳むよう挿入する技術が必要とされます。 胃内視鏡検査より、大腸内視鏡検査の方が、施設により検査の楽さに差があるのはこのためです。
実際の検査にかかる時間は、個人差がありますが、15分から20分位です。

いずれの検査もその方の状況に応じて、軽い麻酔薬を使い、痛みのないよう施行しています。