診療時間
※午前中はご予約の内視鏡検査のみ行っております。一般外来は午後のみとさせて頂きます。
※受付は診療時間終了の15分前まで(初診の方、採血検査のある方は30分前まで)
 
9:00
|
13:00
 

12:30
 

12:00
14:00
|
17:00
◎予約内視鏡検査  ○外来診察
△第3土曜日のみ予約内視鏡検査
・各種保険対応
・休診日:土曜、日曜・祝日、木曜午後
内視鏡検査とは?
内視鏡Q&A
院内バリアフリー
モバイル
東京いきいきネット
患者の気持ち
クリニック紹介
内視鏡による早期癌発見、治癒までの確実な診療
この二つが当クリニックの最大の目標です。
消化管の癌は早期のものであれば内視鏡で確実に治療できる時代です。
一方では、特に大腸癌の死亡率の増加は著しく、女性においてはがん死亡率の第一位になった報告があります。
一見矛盾した話にも思われますが、これは早期発見の機会を失っている事が原因の一つにあるからといわれています。
内視鏡検査は辛いもの、恥ずかしいものという印象が未だ世の中では一般的です。

当クリニックでは、当然の事ながら痛みのない検査を行い、
確実な診断・治療を施行します。

内視鏡検査
現在、痛みのない検査・見落としのない検査は当然の条件です。
一般に検査後は腹部に不快感を持ちがちですが、当院では検査後も体に楽な内視鏡検査を行います。 以前の腹部手術で癒着が生じ、検査が困難と言われた方にも、対応させて頂きます。
また、ポリープ切除などの内視鏡的治療でも、専門施設ならではの技術をご提供していきます。
最新の機器も当たり前の条件に考えています。
先端技術の導入
ポリープ切除では、ESD(内視鏡的粘膜下切除術)という最新の技術も応用しています。
また、内視鏡の消毒には症例毎の完全消毒を行い、感染症予防を徹底しています。
苦痛のない検査
鎮静剤の使用はもちろん、技術的にも受診者に優しい痛みの無い方法で施行しています。
受診者への時間的配慮
検査は午前中に終了し、結果説明も当日行います。
必要があれば同日に胃・大腸の内視鏡を行うことが可能です。
緊急時には24時間連絡がとれる体制を取っています。
一般外来
一般外来診療では消化器を中心に診療を行います。
癌以外にも炎症・心因性疾患の増加(通勤途中でトイレに何回も通う経験はありませんか?)は目を見張るものがあります。
これらの病気の診断から治療までを執念深く、行っていきます。
以前、ピロリ菌の除菌がうまくいかなかった方もご相談下さい。

消化器以外の診療も広く行います。

医療機関
必要ならば、速やかに当クリニック以外の専門機関へご紹介します。
東京医科大学病院・平塚胃腸病院・東京大学病院・国立がんセンターをはじめとして、随時皆様の希望に添ってご紹介します。
検査項目
胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査・腹部超音波検査・心電図・レントゲン 他
院内写真

[受付]
患者様の病状に応じて迅速に対応できる
ベテランスタッフがお迎えします。
 

[待合室]
一般外来でいらした患者様の待合室です。内視鏡検査の方とは別の待合室になっています。

[中待合室]
内視鏡検査を受ける方の待合室です。
検査着で待機していただく間も一般外来の方から見えないよう配慮しています。

[診察室]
電子カルテを導入し、以前に受診していただいた患者様の病歴もすぐにわかるようになりました。

[内視鏡室]
4台のベッドを用意し、スムーズに検査が行えるよう工夫しています。検査終了後はそのままベットで休んでいただけます。

[レントゲン室]
各種レントゲン検査を行っております。
 
 

[バリアフリートイレ]
車いすで使っていただけるトイレも完備しています。
 

[内視鏡検査用トイレ]
内視鏡検査を受ける患者様の不自由のないよう、院内にトイレを4箇所設けています。